運転代行で稼ぐ

- 運転代行で稼ぐ

運転代行で稼ぐ

近年は交通事故の厳罰化によって飲酒運転に対する取り締まりが厳しくなってきています。
飲酒運転を撲滅するという動きを見せている中で、運転代行を依頼するというケースが増えてきています。
運転代行は特別な資格が必要ないために市場が広がってきています。
そのため副業で運転代行を行う人も出てきています。

2人1組で仕事を行う

運転代行はドライバー2人が会社の車で依頼者のところに迎えに行きます。
依頼者のところに着いたら運転代行者は依頼者の車を運転し、もう一人のドライバーは会社の車で随伴車もしくは誘導車として運転することになります。
目的地に着いたら再び2人で会社の車で戻ってきます。

運転代行として依頼者の車を運転する場合にはタクシーと同じように第二種運転免許が必要になりますが、会社の車を運転する場合には第一種運転免許だけで十分です。
副業として仕事を行うのであれば、必要最低限第一種運転免許さえあればいいわけです。

運転代行については、こちらのページも(http://www.untendaikoukyoukai.or.jp/about_chauffeur-service/structure/)ご覧ください。

勤務時間は20時から翌4時ぐらいまでが一般的

運転代行を利用するので多いのが、飲み会終わりで呼び出されるケースです。
飲み会であれば深夜から早朝というのが一般的ですので、20時から翌4時ぐらいまでが主な勤務時間になります。
深夜帯に働くことができるのであれば副業に適しています。


運転代行はまず慣れが必要になる

運転代行は2人で仕事を行いますので、先輩について仕事ができるというのはやりやすくなります。
一番の稼ぎ時となるのは週末の深夜になります。
深夜帯で働きますので、眠気には十分に注意をしてください。

関連記事:

    None Found

  ← 前の記事: